Home » Archive

2012年10月号

2012年10月号, バックナンバーガイド »

[2012/09/21 | No Comment | ]

Gワークス 2012年10月号キャブ車乗りには欠かせない
ベストファンネルセレクション

●箱スカとZ
オーナー独自の拘りや、思いをのせて仕上げられたハコスカ。そしてさらなる速さを求め、挑戦し続けるS30。そんなオーナー自慢の愛車達を紹介
●平田ENG流RB26超こだわりエンジン再生術
数多くのRB26エンジンを製作してきたRBスペシャリスト平田ENGが、耐久性と安定した出力を生み出す為の再生術を大公開
○ Theチューニング
○ セピアコレクションの旧車たち
○ ソアラにベタ惚れVolume2
○ L20快速化計画
○ 旧車のメンテ
○ 全開オヤジとGT-R
○ プライベーター百物語
などなど

2012年10月号, アンケート&プレゼントArchive »

[2012/08/21 | No Comment | ]

応募締め切り:平成24年9月20日

1:Gワークス ステッカー

Gワークスステッカーのプレゼントが復活!貼ると後ろが透ける透明のタイプ。10名様に!!

Gワークス ステッカー

2:HOT WHEELS ミニカー

改造ミニカーでお馴染み、鉄朗氏からミニカー連続プレゼント!!今回はカスタムミニカーでお馴染みのホットウィールのミニカー。車種はZ33フェアレディZ。ブルメタのボディカラーに派手めなグラフィックとGTウイングが装着されたカスタム車を1名様にプレゼント!!
提供:自動車板金士 鉄朗

IMG_6392w
1210_6385

3:路線バスミニカー

こちら旧車ならぬ、旧バスミニカーを1名様にプレゼント!!ベースは1966年式の日野RB10で、東京都が都営バスとして1965年に目黒営業所に導入したモデル。最終的には品川営業所に移動し「五反田駅〜東京駅南口」間で活躍したワンマンバス。ハコスカやS30Zと同じ時代を生きたバス。ゲットして同年代の旧車ミニカーと並べてみては?

1210-7250

4:9LEDフラッシュライト

高輝度LEDを9つ採用し、抜群の明るさを誇るLEDライトを1名様にプレゼント!!万が一の時に備えてクルマに積んでおきたいアイテム。全長105㎜とコンパクトサイズなので置き場所にも困らない。(単4電池3個付属)

1210-5146

5:LEDマグネットライト

磁石がついているので、ボンネットにくっつけてエンジンルームの作業など何かと便利なLEDライトを1名様にプレゼント!!

1210-5125

5:オートレジェンド2012 2日間通し券

今年で3回目となるロッキーオート主催の旧車&インポートカーショー、オートレジェンド2012。9月15日、16日と2日間に渡り開催されるこのイベントに、2日両日どちらでも入場出来る通し券を10名様にプレゼント!!提供:オートレジェンド実行委員会

1210-chikett

2012年10月号, 掲載記事一覧 »

[2012/08/21 | No Comment | ]

1:ケンメリとローレル

2:プロがやるキャブレターオーバーホール

3:ぞっこん。フェアレディZを乗り回す。S31スーパーチャージャー

4:サンマルくん弐号機とキヨシくん

5:オレの街のクルマ自慢 愛媛編

6:プライベーター百物語 静岡・A157A編

7:木下みつひろのマシンセッティング

8:追加メーターを使いこなせ!

9:ワークス仕様の定番と条件

10:点火博士の通電講座 マグネットデスビ

11:シャケンのホント

12:ファミQ

13:全開オヤジとGT-R 福島県・RGF編

14:L20快速化計画

15:旧車ホイールマッチング

16:福島ドラッグ 第1回WR走行会in福島スカイパーク

17:もっと詳しく!L20改を知る!!

18:亀有流の部品考

19:三丁目のロータリー

20:誰でもわかるMoTeC

21:工具の心得

22:旧車のメンテ ブレーキパッド/ブレーキホース

23:夏休みの特別企画 塗り絵コーナー

24:車玩具倶楽部 鉄朗ミニカー改造のススメ

25:プロフェッショナルな話が聞きたい

26:内燃機屋さんに話を聞く

27:鈴木ビッキが行くおれ街探訪!!愛媛県四国中央市編

28:SUツイン

29:焼き付け塗装の更なる魅力

30:平田ENG流RB26DETT再生術

31:俺たちのチーム 鹿児島県・亀吉

2012年10月号 »

[2012/08/19 | No Comment | ]
トヨタ編①×マツダ
お待たせ致しました!!みんなのご要望に応え、出来るだけノーマルに近い車輌、現在を走る旧車の走りや使い勝手などを詳しく紹介する第3弾の登場です!!
第3弾は日本の大メーカー「トヨタ」そして面白いクルマを世に出してくれている「マツダ」だ!!
発売日を6月後半に予定しているので楽しみにしていてくれ!
laurel-h1-h4-s お待たせ致しました!!久々の70年代旧車、単一車種を扱った旧車改シリーズがいよいよ発売!!
車種はみんなが憧れた、ローレル!!いつものようにこれでもかと掘り下げた情報や、スタイリング、足回り、エンジン、ミッションとこのシリーズは今までにないと言うほど好評を得ています(←再び自画自賛♪)
その内容はそのままに、さらに今までを踏まえた進化版的な企画も目白押し。
たぶん今世紀中にこれほど詳しいローレル本、出ることはないでしょう〜歴史的資料としても買い逃す手はない!!
発売は2012年4月27日♪
05ae86

★ 待ちに待ったトヨタ レビン/トレノAE86の一冊にまとめた別冊!!
大好評一冊丸ごと単一車種を徹底的に掘り下げ、まとめた旧車改シリーズ第五弾「トヨタAE86レビン/トレノ」が発売される!!ハチロクの構造やグレード、年式による違いを細かく紹介するのはもちろん、現在を走るオーナーカー&ショップデモカーの紹介、エンジンチューニング、AE101/111エンジンスワップ法、燃料供給装置、足回りの仕様、グリップ&ドリフト仕様の差、各仕様シャーシダイナモチェック&サーキットテスト、現在手に入るハチロクパーツ(700点越え!!)、ハチロクレストア&純正部品など、これだけ充実しつつユーザーのことを考えたハチロク本があったでしょうか♪(←いつものように自画自賛)ハチロク好きはもちろん、クルマ好きな人も手に入れて絶対損はない!!

箱スカKGC10 DVD&BOOK★ G-ワークスDVD第二弾 箱スカKGC10 DVD&BOOK GC10・KPGC10
現役ランナー箱スカが画面から飛び出る迫力映像で構成するG-ワークスワールドが、みんなのTVモニターに!! 今回からG-ワークスのワークス(社内編集部の意)が自ら手がけているので、ふつうの旧車ビデオとはちょっと違った角度から、マニアックな目線でお送りします。といっても、マニアでなくても充分分かる内容に仕立てているのがG-ワークス!!今回からほかの車種の人でも役立つ企画、例えばキャブレターセッティングなどもあるから、予定より大幅に伸びてなんと110分超え!!の内容!!見る前は必ずトイレを済ませておきましょう♪本誌同様、君は110分を超える内容をどれだけ覚えられるか!!何度見ても飽きないDVD、それが今回の箱スカDVD!!
発売中!!
Gワークス 2012年10月号★最新10月号ハヤミセ

ふと涼しい時間を狙って、ナイトクルージング!!エンジン音と風切り音を聞きながら至福の時間を過ごす…旧車には季節の楽しみ方がたくさんあるよね〜♪それではハヤミセいってみよー
それではハヤミセいってみよー

2012年10月号 »

[2012/08/19 | No Comment | ]

1210_2043旧車と言えば日産、そして70年代。自動車が憧れであった時代はいつまで経っても脳裏に焼き付いているもの。その中でスカイラインKGC110通称ケンメリと、ケンメリの姉妹車であり高級志向の高かったローレルC130はスタイルも斬新で懐かしさ溢れるクルマ。数多く売れただけあって印象は強いもの。今回はこれらの車種とオーナーが現在もバリバリ走る車輌で登場します!その仕上がり具合をとくと見てくれ!
1210_7801

2012年10月号 »

[2012/08/19 | No Comment | ]

1210_1113市販車をベースとした当時のレースカーの中でも「ワークス」という言葉は特別なもの。それはメーカー直々にチューニングしたレースカーであり、一般ショップがチューニングしたクルマとはやはり別物。速さもレベルが違いこちらも憧れの対象でありました。その「ワークス」の形を忠実に再現したクルマやパーツなどを今回は特集形式で紹介。これで「ワークス」が良く分かりそのスタイルの違いを見比べてくれ!!

2012年10月号 »

[2012/08/19 | No Comment | ]

1210-mertarチューニングカーの醍醐味は、速さであり個性であったりするけど運転している楽しさも見逃せない。その楽しさの一つにコックピットを作る、追加メーターを置くというものがあり、嫌が上でも雰囲気が戦闘的になりいかにもチューニング車的要素が高くなる部分。今回はこの追加メーターにスポットを当て、どうして追加メーターが必要なのか、取り付け方や追加メーターの種類などDefi=日本精機製メーターを中心に話を進めていくぞ!!

2012年10月号 »

[2012/08/19 | No Comment | ]

1210_2545メカニカル部分の光沢は、満足感も高く所有する喜びを高めてくれます。クルマの世界ではメッキやキャンディ系の塗装が支流ですが、バイクの世界ではパウダー系の塗装が注目となっております。今回そのパウダー塗装をクルマのエンジンヘッドカバーに反映。果たしてどのような仕上がりになるのか?回りとのバランスは?その道のプロにお願いし行程から迫っていきます

2012年10月号 »

[2012/08/19 | No Comment | ]

点火博士の電気通信講座、サンマルくん弐号機とキヨシくん、プライベーター百物語など今月号も一体どれくらいの期間で読破出来るのだろうか、チャレンジだ!!