Home » Archive

2013年6月号

2013年6月号, バックナンバーガイド »

[2013/05/22 | No Comment | ]

+gw12_h1-h4希少車に乗る!!
ホイールはどう作られる?
カムの可能性!.etc

●ホイールはどう作られる?
メイドインジャパン、ワークホイールが出来るまでを完全密着!そこであきらかになった、クオリティの高さの秘密も公開する
●長年、使い込んだパーツを磨いてみる
長年使い続けたパーツは自然と愛着が出るものだけど、新品のようなピカピカ感はどうしても薄らいでしまう。このコーナーではそんなパーツを徹底して磨いていく
○ファミQ○ウェーバーマニアックス○最高速野郎の今○点火博士の電気通信講座○サンマルくん弐号機とキヨシくん

2013年6月号, アンケート&プレゼントArchive »

[2013/04/21 | No Comment | ]

応募締め切り:平成25年5月20日

1:Gワークス ステッカー

Gワークスステッカーのプレゼントが復活!貼ると後ろが透ける透明のタイプ。10名様に!!

Gワークス ステッカー

2:箱スカ純正ヘッドレスト

箱スカ2000GT系の純正ヘッドレストを1名様にプレゼント!これだけあっても…なんて人!車検用や流用にも使えます。ハードトップに装着されていた中古品ですが、状態は良好です

IMG_6294

3:デンソージャケット

軽くて暖かい断熱保温綿素材のDENSOロゴが入ったジャケット。デンソーモータースポーツのカラーリングでもお馴染み赤/白カラーでサイズはLL。1名様に!提供:デンソー

IMG_6305

4:USB電源アンドロイドスピーカー

ロボット型をした外付けスピーカーを1名様に。ケーブルを繋げばiPodやパソコン、携帯プレーヤーなどの音源をこのスピーカーから出すことができる。カラーリングはグリーン。屋外イベントなどで音を鳴らしたい時にも使える

2O4X5143

5:130ローレルミニカー

トミカリミテッドヴィンテージシリーズの130ローレル、しかもパトカー仕様のミニカーを1名様にプレゼント!!同シリーズは細部まで作り込まれた質感の高さに定評があり、32分の1サイズで当時の130ローレルパトカーが実車さながらに再現されている

IMG_6286

2013年6月号, 掲載記事一覧 »

[2013/04/21 | No Comment | ]

G-ワークス2013.6月号
1:WORKホイール〜高品質の秘密〜
2:ワンオフカムの威力と秘密
3:旧車カラーマッチング510ブル編
4:希少車に乗るサバンナ
5:ケンメリとジャパン
6:おれの街のクルマ自慢・千葉市稲毛区編
7:プライベーター百物語 東京都・AE86
8:木下みつひろのマシンセッティング
9:箱スカセダンとハードトップ
10:長年、使い込んだパーツを磨いてみる
11:ドキュメント湾岸 最高速野郎の今
12:点火博士の通電講座
13:ATTKD最速のR32GT-R開発プロジェクト2
14:ファミQ
15:WEBERマニアックス
16:石川編集長の乗ってみなきゃわかんねーゾ!!ロッキーオート
17:L20快速化計画
18:自力奮闘L28改
19:もっと詳しく!!L20快速化計画
20:内燃機屋さんに話を聞く!!ダイヤモンドエンジニアリング
21:旧車のメンテ
22:三丁目のロータリー×Vi-PEC
23:工具の心得
24:誰でも分かるMoTeC
25:シャケンのホント
26:プロフェッショナルな話が聞きたい
27:車玩具倶楽部鉄朗ミニカー改造のススメ2
28:鈴木ビッキが行く!!おれ街探訪
29:SUPER 2T-G復活大作戦
30:GT-R Life
31:サンマルくん弐号機とキヨシくん
32:サーキットアタックREの秘密
33:ホイールマッチング バラマンディデザインSnook
34:ハチロク道

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]
s30-2_h1-h4_cmyk_ms旧車改シリーズ8 フェアレディZ S30 Ⅱが2013年3月27日に発売予定!!
旧車業界、そして単一車種本に一石を投じ登場したG-ワークス別冊”旧車改シリーズ”
本誌同様、瞬く間に支持を受けたのは言うまでもないが、販売期間や部数にどうしても限りがあり、欲しい人に行き渡らないという悩みも…
第一弾となった「フェアレディZ S30」は、あっという間に完売し発売後4年近く経つ現在でも多くの問い合わせを頂く。そこで、その第2弾として「フェアレディZ S30Ⅱ」が発売決定!!中身の充実はもちろん、紹介するクルマなどは新しいものばかり!保存したくなる内容はそのままにいよいよ発売です!!
※写真は第一弾フェアレディZ S30
carb-h1-h4● G-ワークスが総力を挙げて作る別冊の第7弾が登場です。
ページ作りのテイストはG-ワークスそのままに、ユーザーサイドに立った構成の「旧車改シリーズ」にいよいよ”キャブレター”だけを扱った、一冊本の登場です。アナログ時代の象徴、四輪&二輪用・燃料供給装置「キャブレター」。奥深く追求した内容を惜しみなく詰め込んだ内容は旧車改シリーズの伝統。実際に乗る、いじりたいユーザーに向けたチューニングバイブル的な内容はもちろん、誰もが見て楽しめる1冊。コレさえ見れば快調になること間違いなし!!今までに欲しかった内容の一冊本、それがG-ワークスが作る「Theキャブレター」!

★待望の一車種追求シリーズも制作中だ!!車種は…今後発表するぞ!!


● いよいよ発売!旧車のすべて 第3弾!!

トヨタ編①×マツダ
お待たせ致しました!!みんなのご要望に応え、出来るだけノーマルに近い車輌、現在を走る旧車の走りや使い勝手などを詳しく紹介する第3弾の登場です!!第3弾は日本の大メーカー、トヨタそして魅力的なクルマを世に出してくれているマツダだ!!現在に走る旧車を徹底試乗&紹介!!他車種に渡りこれだけ詳しく紹介している本は他にない!!これは絶対見逃せない!!本屋さん&コンビニに急げ!!
laurel-h1-h4-s お待たせ致しました!!久々の70年代旧車、単一車種を扱った旧車改シリーズがいよいよ発売!!
70年代旧車、単一車種を扱った旧車改シリーズが発売中!!車種はみんなが憧れた、ローレル!!いつものようにこれでもかと掘り下げた情報や、スタイリング、足回り、エンジン、ミッションとこのシリーズは今までにないと言うほど好評を得ています(←再び自画自賛♪)その内容はそのままに、さらに今までを踏まえた進化版的な企画も目白押し。たぶん今世紀中にこれほど詳しいローレル本、出ることはないでしょう〜歴史的資料としても買い逃す手はない!!発売中♪
05ae86

★ 待ちに待ったトヨタ レビン/トレノAE86の一冊にまとめた別冊!!
大好評一冊丸ごと単一車種を徹底的に掘り下げ、まとめた旧車改シリーズ第五弾「トヨタAE86レビン/トレノ」が発売された!!ハチロクの構造やグレード、年式による違いを細かく紹介するのはもちろん、現在を走るオーナーカー&ショップデモカーの紹介、エンジンチューニング、AE101/111エンジンスワップ法、燃料供給装置、足回りの仕様、グリップ&ドリフト仕様の差、各仕様シャーシダイナモチェック&サーキットテスト、現在手に入るハチロクパーツ(700点越え!!)、ハチロクレストア&純正部品など、これだけ充実しつつユーザーのことを考えたハチロク本があったでしょうか♪(←いつものように自画自賛)ハチロク好きはもちろん、クルマ好きな人も手に入れて絶対損はない!!

箱スカKGC10 DVD&BOOK★ G-ワークスDVD第二弾 箱スカKGC10 DVD&BOOK GC10・KPGC10
現役ランナー箱スカが画面から飛び出る迫力映像で構成するG-ワークスワールドが、みんなのTVモニターに!! 今回からG-ワークスのワークス(社内編集部の意)が自ら手がけているので、ふつうの旧車ビデオとはちょっと違った角度から、マニアックな目線でお送りします。といっても、マニアでなくても充分分かる内容に仕立てているのがG-ワークス!!今回からほかの車種の人でも役立つ企画、例えばキャブレターセッティングなどもあるから、予定より大幅に伸びてなんと110分超え!!の内容!!見る前は必ずトイレを済ませておきましょう♪本誌同様、君は110分を超える内容をどれだけ覚えられるか!!何度見ても飽きないDVD、それが今回の箱スカDVD!!
発売中!!

+gw12_h1-h4★最新6月号ハヤミセ
みんなはゴールデンウィークの予定は決まったかな?やっぱりツーリング?それともクルマいじり?それとあわせてG-ワークスもじっくり読んでくれよな!!それでは今月もハヤミセいってみよう!!

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]

IMG_2506_0402ケンメリの人気はなんと言ってもGT-R。しかし実際購入は不可能に近いので、ハードトップベースにGT-R仕様を望んでいる人が多くいます。今回はそのGT-R仕様を紹介。
ジャパンの人気は価格設定にあり、比較的手の出しやすいもの。その中でも家族の了解を得やすいセダンが人気です。今回はそのセダンを使って自由にいじっているジャパンを紹介します。

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]

2O4X5959日本のホイールはどのように作っているのか?という単純な疑問から、製作工程を取材。アルミ無垢の塊が溶かされ、鋳物されて加工、製作されていく工程を細かく紹介。日本人が作るクオリティの高さ品質検査の多さなど、ここまで丁寧に作られているとは思えないほどの手厚さ。海外製品との違いやクオリティの高さなどを再認識して足元を守るホイールの重要性がわかるはず

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]

SMBR7983未だに箱スカを破った伝説がこの年代を生きた人にとっては語り草ですが、実際に乗っている、持っているオーナーはどのような意識で乗っているのか?今回紹介するS124A(RX-3)は、バッチリと仕上がっているのはもちろん、ロータリーという特有の車輌に乗る心構えなどを紹介だ!!

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]

クルマ乗りにとって磨くという行為は、愛情の表れでもあります。今回はそんな磨きの極意を紹介。昔、アルミバフがけなどは手で頑張ってやっていたのですが、現在では安いポリッシャーなども購入しやすくなったので、機械で磨く方法やコンパウンドなど、休日に時間をかけてやりたくなるような方法を紹介していきます

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]

エンジンにとってパワーの源であるカムシャフト。今回は以前、スカイライン2000GT-Rのエンジン・S20型で300psオーバーを記録したチューナーが新たにカムシャフトの設計や加工などから特性の見極め方などを取材。言葉と写真だけではどうしても分かりにくく、向かい合いにくいページとなってしまうため今回はイラストを多用して一目で分かるようなページに仕上げていきます。分かりにくいカムシャフトを手軽に楽しめる、作りたくなるようなページだ

2013年6月号 »

[2013/04/19 | No Comment | ]

ファミQ、ウェーバーマニアックス、最高速野郎の今、点火博士の電気通信講座、サンマルくん弐号機とキヨシくん、プライベーター百物語、旧車のメンテ、ハチロク道など今月号も一体どれくらいの期間で読破出来るのだろうか、チャレンジだ!!