Home » Archive

最新号の特集

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

2020年東京オートサロンに出展したSA22CはRE雨宮で80年代に製作したカラーリングに塗られ、当時を思い起こす仕様。その車輌がナンバーを所得し公道デビューを果たす。普段はアマさんがこの車輌に乗ることもあるという。車輌の紹介やアマさんが気に入っている以前製作したクルマやなどをじっくり紹介していきます。

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]


茂原サーキットでサーキットデビューをしたハコスカに乗り始めたばかりのオーナーと、サーキット慣れしたオーナーたちの紹介。公道でも同じ事が言え、ハコスカで起きること、ハコスカの乗り味や印象などちょっと違った方向から取材。現行車オーナーでも、ハコスカに乗った気になれるコーナーです。

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]


希少価値が高いクルマとして有名なケンメリGT-R。現存するケンメリGT-Rは大事に保管されていたり、大事に乗られているものが殆ど。しかし、そんなケンメリオーナーとは違った方向で乗るオーナーもいらっしゃります!当時のままに拘る。保存ではなく普段も気兼ねなく乗るオーナーと仲間たちのハコスカ等を紹介していきます

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

1980年代から2000年代にかけてのスポーツモデル、スカイラインやスープラ等のパワーユニット。今でも人気の高いモデルが多いですが、エンジンをオーバーホール、チューニング等を考えている人も少なくないですが、純正部品の高騰で手やすく出来る物では無くなってきました。そこで内燃機加工の得意なナプレックが「ハイレスポンスキット」として、ビックバルブやポートを加工したヘッドを発売。純正部品よりも安い(精度は同等以上)バルブ等を使用することにより、低価格を実現しつつ各機械加工も施されており人気です。今回はそのハイレスポンスキットを詳しく紹介していきます。

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

旧車の仲間と一緒に集まって話したり、走ったり…旧車チームは各地で存在し、他のチームとの交流も楽しいもの。G-ワークスでは毎月様々なチームを紹介していますが今回も、八王子のスタイリッシュなチームの粋鳴を紹介。スタイルと走りに重点を置いたこのチームは、人気車種でキレイなクルマが目白押しです。

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

旧車用クーラーキットの先駆け的存在であるスターロード。近年では様々なメーカーからクーラーキットが出ていますが、コンプレッサーとコンデンサー容量のバランスやコンデンサーコアの目の粗さなどが目立ち、ちゃんと効くものが少ないのが現状。そこで老舗スターロード製の優れた利点とそのバランスについても紹介していきます。

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

仕事用に荷物が載せられるからと購入したサニトラ。しかし乗ってみると意外と面白い!!そのサニトラが次から次へと仕様がかわり、現在ではこのような仕様に!!

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

毎号、自作パーツ製作記事を掲載しているG-ワークス。自分で出来る、作れる楽しみは何物にも代えがたいもの。しかもワンオフだからこの世に二個と無いものが作れる!今月もアルミパーツ、ファイバーパーツの製作模様をお伝えしているよ♪

2020年10月号, 最新号の特集 »

[2020/08/30 | No Comment | ]

素材コーナー、点火博士の電気通信講座、木下みつひろのマシンセッティング・ブレーキ編、プライベーター百物語etc今月号も変わらずのボリューム!!一体どれくらいの時間で読破出来るのだろうか、チャレンジだ!!