Home » Archive

2011年8月号

2011年8月号 »

[2011/06/22 | No Comment | ]

旧車家族家族の反対があっては決して趣味に走れない!!そう、家族の理解があってこそ出来るのです♪そこで今回は旧車に乗る家族にスポットライト!!理解ある家族の本音をこっそり聞いてみたのだ!!はたして家族は旧車好きのお父さんのこと、どう思っているのでしょうか♪

2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

g-works_11083月11日(金) 三陸沖を震源とする東北〜関東地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様方や、またそのご家族の皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を、編集部一同、G-ワークス関係者一同、心よりお祈り申し上げます。

5月号の〆切り直前、あと何ページか確認すればいいという状況の時でした。長い横揺れのあと、激しい、今までに体験したことのない揺れを、編集部のある東京・新木場で体験したのです。棚が倒れかけるのをみんなで押さえながら、時の過ぎる、地震が収まるのをじっと堪えていました。
「震源が、東京近辺であって欲しい」とすぐに思いました。なぜなら東京から震源が遠くなればなるほど、今の揺れの比ではない地震が襲っていると考えたからです。ニュースを見ると、東北地方震度7… 言葉を失いました。
しかし呆然とはしていられません。なぜなら新木場は海。というか編集部自体が海に面している建物。津波警報が流れました。1m、2mそれ以上という情報が流れすぐにも避難しなければなりませんが、入り口は陥没していて人がやっと通れる状態。そして地中から海水?と砂が大量に出てきました。液状化現象です。
情報の少ない中、新木場にはなんとか津波は来ず、難を逃れましたが時間がたつにつれ東北地方の悲惨な状況が伝わってきました。
G-ワークスはみんなが作る雑誌。クルマに関わる人たち、乗っている人はもちろんだけど、乗りたいと思っている人、懐かしいと思って見て下さっている人がいるからこそ成り立っています。特に東北地方にはたくさんの読者さんがいます。今までも何度も取材に行っています。
もう言葉がありません。
とにかくみなさんの無事を祈ります。このような自体でも負けない東北人魂、忍耐強さで復旧復興が進むことを祈っております。
みなさんが一日でも早く、普通の生活に戻れることを信じて…
G-ワークス編集部一同


2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

2O4X1128編集部が総力を上げてデフを大研究!!日産L型搭載車系にはなくてはならないR180とR200デフキャリヤ!!今回はデフキュリヤ周辺パーツの解説から、R180とR200のサイズの差や使用する部品の違いなどを徹底的に解説!!しかもデフキャリヤのオーバーホール術までも網羅!!コレさえあれば間違いなく、デフ博士になれます!!

2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

OZ0Q2005大人気キャブレターコーナー今月はソレックス40φ!純正で装着されていたキャブレターとしても有名!ってことは耐久性も折り紙付きだし、性能だって凄い!!そんな入門用ソレックス40φ、どうやって取り付けたらいいのか?そして取り付けるに当たってどのようなパーツを揃えればいいのか?迫ってみたぞ!!

2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

223T0012今月の乗って見なきゃわかんねーゾはロータリー!って言ってもタダのロータリーではありません!FD3Sに搭載された20B・3ローター、しかもNA!!コレの乗り味を知りたい人はいっぱいいるでしょ!はい、私め石川が分かりやすくお伝え致しましょう!!

2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

IMG_5874人気シリーズ第三弾、今回はケンメリに乗る美奈子さんの登場!!ココまで拘っている女子も少ないのでは?

2011年8月号 »

[2011/06/21 | No Comment | ]

SMBR8330旧車はサーキットを5時間走れるか?、点火博士の電気通信講座、サンマルくん弐号機とキヨシくん、おれの街のクルマ自慢・鹿児島編、プライベーター百物語、超希少車・マツダ車編、ホイールマッチング・エンケイなど今月号も一体どれくらいの期間で読破出来るのだろうか、チャレンジだ!!