Home » 2016年11月号

点火プラグの番数を実践

2016/09/20 No Comment

意外と見落としがちな点火プラグ。ずっと交換せずに使っていたり、チューニングしているのに同じ番手を使って水温が上がってしまい、ラジエターを交換する的なことをしている人は多いのが事実。旧車では特に当時の指定番手が小さいため、現代の道路事情ではそぐわないことがあります。今回はそういうことを前提にプラグに一番過酷とも言える、チューニング車両でサーキットテスト。焼け具合やフィーリングまで探っていき、実際のプラグ番手の選び方をイラストを交えて迫っていきます。

最新号も三栄書房WEBショップでも買えます。

Comments are closed.